格安航空券のメリットとデメリット

草原と青空

格安航空券のメリットとデメリット

格安航空券を購入するのに一番おすすめの方法が、LCCと呼ばれる格安航空会社の利用です。格安航空会社は、需要が大きくなってきている分、種類も増え、それぞれ航空会社が持つ航空路線や便の数もどんどん増えています。
格安航空会社を利用するメリットとデメリットを紹介していきます。

格安航空会社を利用するメリット

飛行機のシルエット
まずは、とにかく安く利用できるという点です。様々な面でコストカットがされているので、大手航空会社の航空券の半額以下で飛行機に乗ることも可能です。
LCCの往復料金が大手航空会社の片道の料金だと考えると魅力は大きいのではないでしょうか。

また、早めの予約でさらに安くなったり、逆にチケットの空きが多い便などは、セール価格で売り出されることもあります。
このセールを利用すれば通常価格よりも激安で航空券を入手する購入するチャンスなので、チェックしておきましょう。

格安航空会社は、会社によって持っている航空路線が異なります。
ですから、行きと帰りで会社を変えるのもおすすめです。
色々な航空会社の路線をつないで、自分好みの旅のルートを作れるのもLCCを利用するメリットだといえるでしょう。
利用できる路線も増えているので今後さらに利用しやすくなることが予想されます。

格安航空会社を利用するデメリット

格安航空会社にはメリットだけでなくデメリットもあります。
例えば、大手航空会社では当たり前のように無料で行っていたサービスが有料になっていることが多くあります。
機内食やドリンク、ブランケットなども有料になるのであらかじめ知っておきましょう。
また、予約をキャンセルしたり、変更したりする必要が出た場合の、キャンセル料、変更料が高いというのもデメリットの一つです。
搭乗日や登場する人の名前の入力ミスでも変更手数料が発生するので気を付けましょう。

大手航空会社に比べて遅延のリスクが高いということも知っておくべき情報です。
最小限の機材数で飛行機を飛ばしていますから、天候やちょっとした機材トラブルで発着が遅れることがよくあります。
そしてそれはその後の便にも影響を与えます。旅行の日程が時間に無理がある場合、飛行機の遅延によってスケジュール通りにいかない可能性があるので、気を付けましょう。

格安航空会社を利用するメリットとデメリットを知っておきましょう。

格安航空会社は、格安航空券を入手するためにはとても便利に使えますが、メリットだけでなくデメリットがあるということも併せて知っておきましょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 旅行の予算を減らすためには交通費から、格安航空券を入手して旅行へ行こう! All Rights Reserved.