大手航空会社と格安航空会社の違いを紹介

草原と青空

大手航空会社と格安航空会社の違いを紹介

格安航空券と聞くと、格安航空会社をイメージすると思います。少し前まではあまりなじみのなかった格安航空会社ですが、コストを抑えて旅行ができるということで、たくさんの人が利用するようになり、会社の種類もどんどん増えていることから、最近では大手航空会社ではなく格安航空会社を好んで利用するという人も増えています。
格安航空会社と大手航空会社の違いを見ていきましょう。

価格は断然格安航空会社の方が安い

価格で比較すると、断然格安航空会社の方が、ANAやJALなどの大手航空会社に比べて安いことがわかります。
もちろん、大手航空会社も前割や直前割りなどの割引サービスを利用すれば格安で航空券を購入することは可能なのですが、常に格安航空券を販売している隠す航空会社に比べると、価格的魅力は劣ってしまいます。
行先や時間帯、時期によって価格が変わるのはどちらも同じですが、安く飛行機に乗ろうと思ったら、格安航空会社を利用するのが良いでしょう。

行先は大手航空会社の方が幅広い

デフォルメ飛行機
格安航空会社は、規模が小さいので、行先が限られています。
大手航空会社のように全国各地に飛行機を飛ばせるわけではないので、行きたい旅行先に必ず格安航空会社を利用していけるわけではありません。
その点、大手航空会社なら、国内ならまずいけない場所はありませんから、便利です。

ただし、格安航空会社は、一つの会社だと行先が限られても、他の航空会社を利用すれば、行きたい場所に行ける、ということも多くあります。
数多くある格安航空会社はそれぞれに路線を持っているので、会社を変えれば、大手航空会社を利用しなくても全国に飛行機で訪れることも可能なのです。
格安航空会社は今どんどん増えていますから今後もっと便利に利用できるようになるでしょう。

無料サービスの大手航空会社と有料サービスの多い格安航空会社

サービスの質がどちらが良いということではなく、機内サービスについては、無料でサービスを行っている大手航空会社と、ほとんどのサービスが有料化されている格安航空会社、というイメージです。
安く航空券を販売する分、サービスのコストを削っていると考えて、納得できるなら、格安航空会社でも問題ないでしょう。
逆に、大手航空会社のようなサービスを無料で求めるという場合は、格安航空会社では物足りないかもしれません。

自分に合った航空会社を選びましょう

航空券は安いに越したことはありませんが、大手航空会社の信頼感や無料サービスを求める人も多いでしょう。
自分にあった航空会社を選ぶことが旅を楽しむための秘訣です。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 旅行の予算を減らすためには交通費から、格安航空券を入手して旅行へ行こう! All Rights Reserved.